スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の優勝

2009.02.17 *Tue
ポケモンのネット企画である某リーグ本戦に参加してきました。

そして、まさかのまさか……


予選リーグB 4勝1敗(1位通過)

決勝リーグ  5勝0敗(1位)






26期チャンピオンになっちゃいました!


自分が一番びっくりです。勝てるとは思ってなかったんですものwww



追記は今回使った子たちのメモですよー。

■今回登録したポケモン6匹のデータ

ラプラス  HP:130 攻撃:85 防御:80 特攻:85 特防:95 すば:60 合計:535
ヤドラン  HP:95 攻撃:75 防御:110 特攻:100 特防:80 すば:30 合計:490
ゴウカザル HP:76 攻撃:104 防御:71 特攻:104 特防:71 すば:108 合計:534
メタグロス HP:80 攻撃:135 防御:130 特攻:95 特防:90 すば:70 合計:600
ユキノオー HP:90 攻撃:92 防御:75 特攻:92 特防:85 すば:60 合計:494
サンダー  HP:90 攻撃:90 防御:85 特攻:125 特防:90 すば:100 合計:580

種族値平均 HP:94 攻撃:97 防御:92 特攻:100 特防:85 すば:72 合計:539

タイプ耐性:☆水氷鋼 ◎草超 ○N毒虫竜
タイプ弱点:△炎電霊 ×岩

相手の攻撃を受けるのではなく、流しつつ先に潰して数的アドバンテージを得てしまおうというPTコンセプト。
種族値合計はやや高め。各能力もそれなりに高いが、すばやさがとにかく低い。
最速はゴウカザルの108なため、人気の110族すら誰も抜けないのは痛い。
また、一般的な特殊受けを持たないため、高速特殊アタッカーのゴリ押しにも弱い。



■6匹個別考察及び感想

四天王カンナの切り札
ラプラス 使用回数1回(一撃必殺型1回)

一般的な特殊アタッカー型を育てていたなら、もっと活躍の場はあったと思うのですが……。
見せ合いの時点で、氷特殊型というイメージを与えることができるため、苦手な竜を心理的に出させにくくしてくれました。
特殊流し兼耐久潰しが役割ですが、なかなか零度が当たらずに大変な事態になったので、一撃技に頼りすぎはよくないですね。


実は四天王登場回数2回
ヤドラン 使用回数1回(物理受け型1回)

一般的な物理(格闘)受けですね。今回は相手に受けるようなポケモンが少なかったので出番はほぼ無しでした。
ただ、対くさむすび用にリンド持たせて出撃したら良い行動をしてくれました。
私の使い方や技構成だと受けるだけでなかなか相手方を潰せないので、どちらかというとベンチウォーマー。


役割破壊の申し子
ゴウカザル 使用回数7回(物理型1回 役割破壊特殊型6回)

第4世代厨ポケ代表格。存在自体が役割破壊と言わんばかりの技の豊富さを誇ります。
つまり、この子を組み込んでいるだけで相手は対策を意識しなければならない上に、読み違えて対策しきれないということもありうるのです。
物理型を投入したときは何も出来ずに落とされてしまいましたが、役割破壊特殊型に切り替えてからは安定した活躍をしてくれました。
PT最速&先制技持ちということで、タスキ持たせて後発で後片付けということもしばしば。


最強ポケの一角ですね
メタグロス 使用回数10回(ハチマキ型5回 スカーフ型4回 標準型1回)

全10試合に型は違えどすべて出場。第3世代厨ポケ代表格。
とにかく遅いPTだったので、スカーフを持たせて130族抜きでの奇襲が熱い。
また、スカーフさえ持たせればどんなに不利でも爆発で相手を持って行けるのは大きいですね。
ハチマキ型は大活躍こそしなかったものの、安定して高ダメージを与えつつ、受け潰しが出来るということで、後続を動きやすくしてくれました。
標準型はまさにバレット様様。600族はダテじゃないですね。


霰パでは通称「御大」ですね
ユキノオー 使用回数2回(冷静二刀型1回 スカーフ型1回)

今回のために使いこなしてきた一番お気に入りの勇敢二刀型使わなかったってどういうことよ!!
サンダーがいない頃の水潰しだったのですが、サンダーに役割取られてしまった感じですね。
今回の表立った活躍はラプラスが当てられなかった零度を当ててくれたことだけでした。
しかし、この子がいるだけで相手側にタスキを持たせたポケモンが格段に減るのでグロスの奇襲に一番貢献していました。
あと、ラプラスと同じ竜抑えでした。


初代伝説3鳥の1匹
サンダー 使用回数9回(標準型9回)

とにかくこの子がいなければ勝てませんでした。優勝に一番貢献した子です。
どんな状況でも何かしら突破口を開いてくれる頼れる存在。
特に決勝リーグにおいて、負け濃厚の状態をひっくり返せたのは痺れました。
優秀なタイプに使いやすい補助技、そして高火力。
この子をFRで粘るのに何か月もかかってしまいましたが、それに見合う強さでした。



■采配の感想

全体的には相手のポケモンを上手く読めていた。
最善の手を尽くし、その結果勝利につながった場面が何度もあった。
しかし、型の読み違えによるピンチが何度もあったのでその辺りは反省。
また、相手のクレセリアを爆発or一撃必殺でしか突破できないのは大問題だった。
次回はPTを組む時点で対策を練っておきたい。


COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © TricK RooM All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。